相当因果関係とは?

 相当因果関係は、初診日の認定で用いられる考え方・判断基準です。以下説明します。

 初診日は、その傷病の症状を訴え最初に受診した日です。受診しても病名不明、○○傷病疑い、で治療困難とされた病院から別の病院を紹介された場合は、治療困難とした病院を最初に受診した日も初診日と認定されるのが通常です。

 でも、良く調べたらB病で受診する前に、B病の原因とされるA病で受診していたことが分かった。このような場合、B病の初診日はA病の初診日とされることが多い。前発のA病を発症していなかったらB病は発症していなかったと判断された場合、A病、B病に相当因果関係ありとされるからです。

 例えば、腎不全(人工透析中)での請求。糖尿病で既に治療を受け、腎不全は糖尿病が原因でした(相当因果関係あり)。腎不全の初診日は、糖尿病の初診日となります。

 相当因果関係は、医学的に因果関係があることが有力な根拠の一つと言えますが、障害年金の認定では対象とされる傷病は限られます。つまり、主治医が医学的な見地から因果関係があると判断しても、医学では因果関係ありとするのが定説となっていても、障害年金の認定ではそれを認めないことが多々あります。相当因果関係が認められない場合、別傷病とされます。

相当因果関係の例示

* 相当因果関係ありとされる傷病の例示(注)
前の傷病名 後の疾病名(負傷は除く)
糖尿病 糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害、糖尿病性動脈閉塞症
糸球体腎炎(ネフローゼを含む)、多発性のう胞腎、腎盂腎炎 慢性腎不全
肝炎 肝硬変
結核(科学療法副作用) 視力障害
手術(輸血) 輸血による肝炎
ステロイド投薬(副作用) 大腿骨骨頭無腐性壊死
事故または脳血管疾患 精神障害
肺疾患手術後 呼吸不全
転移性悪性新生物 原発と組織上一致または転位が確認

* 相当因果関係なしとされる傷病の例示

前の傷病名 後の疾病名
高血圧 脳内出血または脳梗塞
糖尿病
近視 黄斑部変性、網膜剥離、視神経萎縮

(注) 相当因果関係の根拠条文は、国民年金法第30条 『障害基礎年金は、疾病にかかり、又は負傷し、かつ、その疾病又は負傷及び これらに起因する疾病について初めて医師又は歯科医師の診療を受けた日・・・。』、「起因する疾病」が「相当因果関係が認められる疾病」を意味します。
 なお、上記の傷病名は例示に過ぎず、それ以外の病名でも相当因果関係ありと判断される可能性はあると考えます。また、相当因果関係がなくても関連があれば(因果関係)良い。例;ガン発症後のうつ病。

* 病気との因果関係はなし、手術がありとされた事例

 子宮がんで、根治手術の広汎子宮全摘手術を実施。その後、両側尿管狭窄を原因とする両側水腎症を発症。手術も行うが、腎機能障害が徐々に進行、慢性腎不全と診断された方の事例。
 慢性腎不全と尿管狭窄とは、医学的に因果関係は明白とされた。しかし、広汎子宮全摘手術との因果関係は認めなかった。慢性腎不全の初診日は子宮がんではなく、両側水腎症の初診日となる。
初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon