身体障害者手帳との違いは?

 障害年金と身体障害者手帳は、認定基準や等級は共通する点が見られます。しかし、制度の目的が異なるため異なる点があります。

 障害年金は、20歳前に初診がある場合を除き、保険料納付要件を満たさなければなりません。それを確認する日が初診日であり、その日を客観的に確認する資料も必要です。

 認定基準や等級に該当する状態にある方でも、二つの要件を満たしていなければ支給されないのです。それに対し、身体障害者手帳は障害の状態が等級に該当すれば交付されます。

 障害状態の審査にも違いがあります。年金は、主治医の作成した診断書やご本人が提出する申立書等を参考に日本年金機構が審査します。手帳は、研修を受けた医師が診断書・意見書を作成し等級もその時点で判定され、その等級で確定します。障害年金と比べれると認定は容易と考えられます。

 障害年金の障害等級は、1級、2級、3級で、障害厚生年金には一時金の障害手当金があります。手帳は等級が1級から7級まであります(7級は手帳の交付はありません。)。年金と手帳の1級、2級、3級は障害状態は概ね一致しますが一部違う点があります。

 例えば、心臓ペースメーカー装着の場合、手帳では1級、3級、4級のいずれかに認定されます。しかし、年金は、3級(以上)と認定されます。
 また、人工骨頭または人工関節の装着をした場合、年金では3級以上で認定されますが、手帳は「術後の経過の安定した時点での関節可動域等に応じて」4級ないし5級、7級で認定されます。

* 手帳の1、2級が年金の1級に、手帳の3級は年金の2級に相当すると言われることがありますが、先に交付されることが多い手帳の等級は障害年金の該当等級や受給可能性を判断する目安とする程度に留め、障害年金の受給可能性、該当等級の判断は慎重に行うべきでしょう。  

療育手帳と障害年金

 療育手帳は、障害年金支給の可否や認定等級との関連は特にないと言えます。取得者は身体障害者手帳と同様、障害年金の請求時に「写」を添付するように指示されます。

精神障害者保健福祉手帳と障害年金

 精神障害者福祉手帳の等級は、1級、2級、3級と障害年金と同じで、認定基準もほぼ同じです。しかし、手帳と年金の等級は必ずしも一致しないことが多々見られます。身体障害者手帳と同じく、障害年金よりも精神障害者保険福祉手帳の認定は、容易で等級も重くなる傾向があるように感じます。制度趣旨、現金給付の年金とそうでない手帳との違いなどが理由ではないかと考えられます。

 『年金証書等の写しによる精神障害者保健福祉手帳の障害等級の認定事務についての一部改正について』(平成23年3月3日)(障精発0303第3号) の中で次の記載があります。

「年金証書等の写しによる精神障害者保健福祉手帳の障害等級の認定は、精神障害者保健福祉手帳制度実施要領の第2の3(3)のとおり、年金1級であれば手帳1級、年金2級であれば手帳2級、年金3級であれば手帳3級とする。」

 先に障害年金を受給している場合、手帳の等級は年金の等級に合わなさいと言うことです。障害年金の請求の際には、手帳の写しを提出することになっていますが、手帳を取得していないことが不支給の理由とはならず、交付された手帳の等級はあくまでも参考にされる程度だと考えます。手帳の等級は年金受給の目安と考えた方が良いでしょう。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、島根県、山口県、愛媛県、徳島県、福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

Page top icon