何度も出向かなければならない原因?

ご相談から、
Q. 先日障害年金の申請をしようと思い、年金事務所へ説明と書類をもらいに行った。またされた挙句、申請に必要な書類 は初診日の証明書の用紙しか渡されず、次回初診日を再確認し、必要なら証明書をもらってから来るように言われた。国民年金だけだから役所でも良かったが年金事務所の方が説明も対応も早いと聞いたので出向いたのに。昔のことで憶えていないから答え様がないのに何度も聞き返えされたりした後で、結局書類は数枚しか渡されない。行く前は2回行けば済むと思っていたのとは違う面倒だと分かったが、何度行けば済むんだろう。言葉使いや態度には不満はないが、正直少し腹がたった。私がもらえそうにないからそのような対応だったんでしょうか?

障害年金の手続は簡単か?

A. 障害年金の相談で、明らかに保険料納付要件を満たさない方でない場合、請求に必要な書類を渡さないのは適切な対応とは言えず、請求する権利を抑制する行為とも受け取れます。この問題は、日本年金機構の抜打ち調査の結果が新聞等でも報じられ、窓口では、「障害年金キット」(制度説明や請求に必要な基本的な書類一式)を、原則、初回相談から相談者に渡すようになりました。

 私は、障害年金請求の書類一式を初回相談で渡さない対応は、不適切と決めつけることには賛成できません。それは、障害年金の請求は簡単だと決めつける人が多いからだと思います。障害年金の制度は複雑で手続きも簡単ではなく、受理された後で審査があり、その結果支給されないことが少なからず起きるからです。その決定に対して不服を申立てる(再)審査請求は、およそ2100件程度で最近は推移していますが、その7割は障害年金の決定に対する請求です。

 そのようなこともあり、確認すべき事項を簡単に済ませることはできないのです。初診日の証明問題は、(再)審査請求でも、障害状態の判定と並ぶ2大争点と言って良いでしょう。十分確認しないと、十分確認したつもりでも、後で新たに本来の初診日が発見されることはあり得ます。そうなれば、一からやり直しとなります。最悪、請求資格がない場合もあります。請求資格が無くなることがない方でも、一部の証明書が無駄になります。そのようなことが無いようにするため、受給するために何が問題となるのか?を理解することにもつながると考えます。だから、難しい条件を孕んでいるようなケースでは、一般の方が1回や2回出向くだけで手続が終わらないのはある程度仕方がないと思います。

 障害年金は審査があることは分かるが所詮年金でしかないから手続きは簡単なんだろうと思考える方が多いすぎます。通常の老齢や遺族年金等の手続きと比べると格段に難しく、年金に限らず、専門家(国家資格者)に依頼するのが当たりまえと考えられる様々な手続きと同等以上だと個人的には感じます。障害年金請求は、無料の行政窓口等で説明を受け、書類を取得・記入して提出でき、受理されればそれで済む簡単なレベルと考えているからなのでしょう。

 数年前にも総務省が障害年金の請求で何度も足を運ばせないようにと日本年金機構に勧告したことがありましたが、手続自体が難しいのに回数を減らにしたらまた問題となるでしょう。「障害年金キット」を渡しても、窓口に出向かなければならない回数が減るとは思えません。

 障害年金は、まず、最初に病院に掛かった日がいつなのかを特定しなければなりません。(これを初診日の詳細説明はリンク先をご覧ください。)これまでの受診歴を記憶を辿り、初診日の証明書取得、その他に証明する資料がないか捜されると良いでしょう。

取得料も安くないから

 主治医から障害年金請求を勧められた方は、診断書を渡されれば直ぐに主治医に書いてもらうでしょう。障害認定日から1年以上過ぎてから請求(遡及請求)をされる場合、直近の3月以内の診断書と2枚書いてもらうことになります。診断書が出来あがり内容を確認したら、記憶違いで、最初に初診日だと思っていた日ではなくその前に受診した病院が初診だと分かった場合、少なくとも障害認定日の診断書は無効となり無駄な出費となります。これは初診日の証明、受診状況等証明書も同じですが、順番としては受診状況等証明書の取得が先です。また、その順番であればこのような時間と手間、費用のムダは少なくて済みます。

(年金の請求でも、老齢年金や遺族年金の場合で添付する書類で高額なのは死亡診断書くらいです。こちらは写しで良く、それ以外に役所で取得する戸籍謄本や住民票、除票などの取得費用は千円程度、無料交付の自治体もあります。障害年金請求の出費は遥かに多いです。)

 これを少なくするため、窓口では細かく初診日や他の医療機関の受診日や経過、更には相当因果関係のある病気の有無、関連する病気の経過等を確認するのです。

 あなたの場合、最初に通院した病院に確認するとか、次に移った病院の初診日に経過等が記録され前の病院の初診日の日付がないか確認したり、発症当時の職場、友人などに聞いてみることも必要です。

ご本人申請をとお考えの方へ

 初診日がいつなのか?それ以前に別の病気で受診していたことがないか?そしてその病気と障害の原因の病気との関連性があるのか?など事前に調べておくべきです。でも、真剣に話を聞き、メモをしっかり取られる方は少ないこともあって、一度で理解できる方は非常に少ないですから、窓口の説明や書類交付が「小出し」になってしまうことも、何度も足を運ばなければならなくなるのも仕方がないことだと思います。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon