はじめに

○ 事後重症請求とは?

・ 初診日から1年6月経過時点(=障害認定日)は受診していなかったり、受診していたが症状は障害等級に該当しなかった。

・ 障害認定日時点は受診し障害等級に該当する程度だったが、カルテが諸事情で残っていなかった。

このような方が対象の請求方法です。

 事後重症請求の支給は、請求の翌月からで遡及支払いはありません。(注)認定の事務処理の期間後の支給開始のズレの一括支払いとは違います。

○ 障害認定日請求とは?

・ 初診日から1年6月経過時点、あるいはその期間内で治癒したり、症状固定した日を障害認定日と言います。(注;障害認定日の特例)その時点で受給権を得るための請求です。いわゆる、訴求請求のことです。

・ 支給が認められると障害認定日のある月に受給権が発生しますが、何年でも遡ることができます。年金支給はその翌月からとなります。でも、年金支払いは5年の時効があるため、遡って支払われるのは5年が上限となります。

認定日請求できたのにしなかった場合は?

 事後重症請求で障害年金をもらっていた方が、
・ 請求を良く分からないまま手続してしまった。
・ 遡って請求できるとは知らなかった。
・ 簡単に手続できる方だけ出した。
 しかし、最近になって遡及請求ができることに気付いた。どうしたら良いか?

このような方は、あらためて障害認定日請求を行います。年金機構マニュアルによれば次の書類を提出します。

  • 年金請求書(請求事由欄は、障害認定日による請求の「1」が○囲みすること)
  • 障害認定日時点の診断書(直近診断書は不要)
  • 加算対象者がいる場合、生計維持を証明する資料
  • 事後重症請求の障害年金証書(写しも可)
  • 取り下げ書(年金事務所に書式があります。)
  • 前回請求時から今回請求時までの病歴
  • 前回請求時に事後重症請求とした理由が矛盾している場合にはその理由を説明する文書

  取り下げ書は、障害認定日で障害年金が受給できる場合には、現在受給している障害年金の取り下げを申し出る旨記載されているはずですから、不利益が生じることはありません。また、窓口では、まず上記文言で申し出られれば良いでしょう。以前はすんなりとは行きませんでしたが、現在はそのような対応はされないはずです。

再請求手続き、その後は?

 このケースで、障害認定日請求が認められると遡って年金は支払われます。しかし、遡る期間がどの程度か?そして、既に事後重症請求で受給されていらっしゃる期間がどの程度か?によって、再請求してもメリットがあればすべきですが、そうでない場合もあるのです。

 遡及請求が認められても、遡及支払いの年金がそのまま支給されるのではありません。新たに支給される遡及期間の年金額から既に支給された年金期間の額が差し引かれるからです。同じ障害等級で5年以上事後重症請求の年金を受給していたら差し引きゼロとなってしまいます。ゼロにはならない方は上記書類を今月中に、無理でも来月中に提出すべきです。一日も早く手続きを開始しなければなりません。このようなケースも障害年金専門の社会保険労務士に依頼されるメリットがあります。 

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon