平衡機能の障害等級

 平衡機能の障害は、最も重い状態が2級で1級の設定はありません。3級、障害手当金となります。

 目を閉じたまま立ち上がりふらつかないか、目を開けてまっすぐ10メートル歩けるかなどが等級判定のポイントです。

 それらのいずれかの動作が出来ないときは、2級で。眼を閉じた状態での立ち上がり・身体保持が不安定で、眼を開けた状態で直線10メートル歩行が辛うじてできる状態か、又は、障害により労働能力が半減している状態が3級とされます。

 平衡機能の障害認定基準の詳細は、こちらをご覧ください。

補足

* 「労働能力が明らかに半減しているもの」とは?

 「半減」とはフルタイム勤務の半分、一日4時間程度(以下)の勤務が辛うじて可能な状態程度と考えた方が良いでしょう。

* (参考)診断書の活動能力判定項目については以下の項目があります。

 ア 閉眼での起立・立位保持の状態
  1. 可能である。
  2. 不安定である。
  3. 不可能である。

イ 閉眼での直線の10m歩行の状態
  1. まっすぐ歩き通す。
  2. 多少転倒しそうになったりよろめいたりするがどうにか歩き通す。
  3. 転倒あるいは著しくよろめいて、歩行を中断せざるを得ない。

 上記の3つの評価のどれに該当するかが等級判定に影響します。診断書の記載項目がチェックされているか?要確認事項です。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon