腎疾患での障害年金申請の注意点

・ 人工透析治療を受けている場合、障害等級は2級に該当します。従って、保険料納付要件を満たしていれば、障害基礎年金、初診日に厚生年金加入であれば、更に障害厚生年金も受給できます。更に、対象となる妻や子が居ればそれぞれの加算が上乗せ支給されます。

 しかし、腎疾患は長い時間を掛けて悪化する病気であること、通院される病院が多いこと、更に、腎臓病の原因が糖尿病の方が多く、その場合糖尿病と「相当因果関係」ありとして糖尿病の初診日が腎臓病の初診日と認定されること等々で、最初に受診した病院ではカルテ廃棄、廃業等の理由で初診日証明の取得が不可能となることが多々あります。手続きが進まず断念される方も多いのが実情です。
  初診日認定取扱い変更通知が平成27年9月に厚生労働省から出されましたが、初診証明の問題は、障害年金受給の前に立ちはだかる大きな障壁であることに変わりはありません。

 障害年金の請求は、初診日から1年6月経過した時点(障害認定日)で可能で、その時点で受給権を得られない場合は、現在(直近3月以内)の状態での請求だけ(事後重症請求)しかできなくなります。腎疾患では、病気の性質から過去の障害認定日(特例も含む)時点の訴求請求での認定は限られ、事後重症請求が一般的です。

 腎臓疾患、とりわけ人工透析開始で障害年金請求をされたい方は、直ぐに手続きを開始され、今月請求完了を目標にしてください。中旬以降なら来月中です。(透析開始後3月は特例だけです。)月が変わるとひと月分の年金がもらえなくなるからです。自信のない方は、手続きに精通し、更に、あなたの年金ひと月支払っても「合う」ような報酬設定の社会保険労務士にご依頼されるのが賢明です。

腎疾患の障害等級及び認定要領

腎疾患の障害等級は、
 自力で日常生活を送ることが出来ない状態が1級とされ、常時介助を要する程度ではないが日常生活の多くを自力で行えないような状態を2級、就労が制限される状態を3級としています。でもこれは他の疾患(例えば、精神疾患など)でも適用される包括的な例示です。

 腎疾患の場合、臨床検査数値などから機能障害の程度を判断可能です。そして、その結果と自覚症状から日常生活への支障の程度を5段階で示す「一般状態区分表」の判定結果を基に等級認定します。

 なお、腎臓移植手術を受けた場合、更新(再認定)は1年後に行われます。

 腎疾患の障害等級及び認定要領の詳細は、こちらをご覧ください。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon