潰瘍性大腸炎と障害年金

 潰瘍性大腸炎は発症原因が特定されず確率した治療法もないため、国から難病指定された病気です。それだけに障害年金受給は当然と考えたり、逆に手続きも「難しい病気」と受け止めていらっしゃる方が少なくないのです。

 臨床所見にもよりますが、潰瘍性大腸炎固有の症状により日常生活や社会生活にどのような支障や不便さがあったか?、あるのか?が更に重要だと考えます。

認定事例

 40代後半の男性。初診日は10年前に有名なメーカー在職中に発症、半年後に初診。7年後に潰瘍性大腸炎が悪化し退職。その後も内服・座薬治療を継続するが快方には向かわなかった。

 初診日から1年6月時点では本社勤務で重要な仕事を任されやり遂げることが出来た状態だったため、訴求請求(障害認定日請求)ではなく、事後重症請求のみとなった。

 排便頻回や下血、持続する発熱や全身倦怠感、食事の制約もあり体重減少が顕著。急な便意のため外出は通院以外はほとんど出来ない状態だった。(その他臨床所見等の紹介は控えます。)日常生活面及び社会生活がどれだけ疎外されているかを具体的に申立て請求、結果、障害厚生年金2級と認定されました。

 ご依頼から手続き完了までの間に連休があったため、請求は月をまたいでしまいましたが、実質ひと月以内で手続を完了できたこともご依頼者様から感謝されました。 

 

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon