事前準備は?

 障害年金の申請では、まず何よりも初診日の特定が最優先されなければなりません。その理由は、リンク先をご覧ください。初診日が特定出来ないばかりに最悪もらえなくなることがあります。

・ 初診日が20歳以降の場合、保険料を初診日以降に追納しても障害年金の請求資格がありとはならないのです。初診日の前日時点で保険料納付率を見るからです。(追納した場合、その保険料納付は無駄ではなく、老齢年金の年金額には反映されますし、遺族年金の支給額にも反映されることがあります。)

・ 病院に最初に掛かる日には、自分が障害年金を請求することになると直感した人はほとんどいらっしゃらないと思いますが、病院に行く前の日に保険料未納があれば規定の納付率以上となるように追納し、翌日受診すれば障害年金の請求資格は間違いなくあります。

初診日の資料取得・保管

○ 初診日の証明で一番有力なものは、医証(カルテや診断書等)です。カルテは法定保存期間が5年と決められているため、廃棄される可能性がありますから注意してください。

・ 初診日の証明(受診状況等証明書)は、カルテに基き作成したものでなければなりませんが、担当医が代わっても問題ありません。予め受診状況等証明書を作成してもらっておくことも必要かもしれません。原本であれば、作成日付に拘わらず有効な証拠となります。

・ 会社などに提出した診断書などあれば原本ないし写しを返却してもらうなどして自分で保管しておくことも必要でしょう。

○ 医証に代わり効果のあるもの

・ カルテが廃棄されていた場合、薬の袋、領収書でも治療の説明書、救急搬送時の書類等日付と発行先の解るものは何でも保管しておきましょう。看護師などの記憶の新しい内に病名・・・で受診していたなどの証言も書いてもらうこともひとつです。

・ 第三者証明(三親等外の証言)でも初診日の証明となる場合もありますので記憶が風化しないうちにその人たちに予め依頼し記入し、保管しておくことも良いでしょう。詳細はリンク先をご覧ください。

障害認定日の資料取得・保管

・ 障害認定日のカルテも同様です。障害認定日についてはリンク先をご覧ください。

・ この当時のカルテがないばかりに、受給できたはずの年金を請求することすらできなくなってしまうからです。備えあれば憂いなし。心配ならカルテのコピーを取得しておくなどの手を打っておくべきでしょう。

 なお、幣事務所ではこの時点でのカルテがなかった場合、その当時の病院が廃業した場合でも遡って支給が認められた実績がございます。

その他

・ 健康診断記録も精密検査を指示された場合は、初診日とされる場合がありますから保管して置きましょう。

・ 相当因果関係が認められると、予備知識のない方が初診日と考えていた日よりも前に受診した日が初診日と認定されることがあります。初診日は動かすことは通常できませんが、社会的治癒に該当する場合には後の受診日に変更することが認められる場合があります。

 いずれにせよ、受診した証拠となるものは保管しておいた方が良いでしょう。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon