肝疾患による障害等級及び認定要領

 肝疾患による障害等級は、症状、検査数値、経過及び日常生活における支障などにより、総合的に認定するものとし、自力で日常生活を送ることが出来ない状態を1級、日常生活において多くの面で援助が必要な状態を2級、就労が著しく制限される状態を3級と認定するとしています。

 血液生化学検査をはじめとする諸検査数値や自覚・他覚症状による昏睡度等が高度異常、中等度異常の方に対して症状が及ぼす日常生活状況を5段階で示す「一般状態区分表」の重症度判定結果も重視されます。

 アルコール性肝硬変は、治療を継続し、検査日より前に180日以上アルコールを摂取していないことが確認出来た方でないと診査を受けることができません。

 慢性肝炎は、原則認定対象外となりますが、肝疾患の重症度判定の検査項目・臨床所見が一定の数値以上であれば認定対象となります。

なお、肝ガンは悪性新生物による障害の認定基準とその他障害の診断書の提出し審査されます。

肝疾患による障害等級及び認定基準の詳細は、こちらをご覧ください。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon