呼吸器疾患の障害認定基準

 呼吸器疾患(肺結核、じん肺、呼吸不全、気管支喘息等)による障害は、検査結果や日常生活面での状況等を総合的に判断し認定が行われる点は共通ですが、具体的な認定基準及び認定要領は異なります。

 肺結核の場合、認定6月前までの排菌の有無と胸部レントゲン検査所見が日本結核病学会分類のどの重症類型に該当するか、更に、日常生活や就労への制限から総合的に認定します。

 じん肺は、胸部レントゲン所見がじん肺法分類のどの型に該当し、更に、大陰影の大きさ、日常生活及び就労の制限を考慮し総合的に認定します。

 呼吸不全は、動脈血ガス分析値及び予測肺活量1秒率の検査数値の重症度、日常生活の状況を5段階評価した「一般状態区分」により総合的に認定します。

 気管支喘息は、「呼吸困難」状態の発生頻度や一般状態区分、吸入ステロイド等の使用量、呼吸不全と同様の検査結果が高度異常を示すかなどで等級判定されます。

 なお、常時在宅酸素療法が必要で軽易な労働以外の労働に常に支障がある状態は3級以上に該当すると明記されています。

 呼吸器疾患の障害認定基準の詳細は、こちらをご覧ください。

* 日常生活での支障、動作時、動作後の状況を主治医や認定する側に伝え、理解してもらうことが重要です。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon