治癒、障害認定日の特例

そのケガや病気は治って(注1)いますか?「治った。」と言われていなくても、障害認定日の特例(注2)に初診日から1年6月以内に該当しましたか? 

                   は い                        いいえ


(注1) 「治った」=治癒。医学的な治癒だけではなく、これ以上治療しても症状の改善が見込めない状態、症状固定の状態に至ったときも「治った」と同様に扱われます。

 障害年金では治った日が障害認定日(審査を受けることができる日)となります。初診日から1年6月経過しなくても審査を受けることができます。

 医師の診断書で「治癒した。」「症状固定」と記載されていても、障害年金の認定では症状固定を認めない事例が多く見られます。

(注2) 障害認定日の特例(詳細はリンク先で)とは、初診日から1年6月以内に以下のような状態に到り、または、施術を行った場合に特例的に適用されるものです。この特例は初診日から1年6月以内に適用されるものですから、1年6月経過した後は、以下の状態になった日以後に事後重症請求が可能です。人工透析を受けている方は注意してください。

人工透析療法(3月経過後) 在宅酸素療法 
人工骨頭または人工関節挿入置換 喉頭全摘出 
 心臓ペースメーカー装着 切断・離断( 障害手当金 ) 
 人工弁装着 切断・離断 
 人工肛門造設 人工膀胱・尿路変更術 
(注)これは一例です。
初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon