障害等級は何級か?


障害の状態は障害年金の1級、2級または3級(注1)に該当しますか?

                              は い                            いいえ


(注1) 各等級に該当する状態の例示は認定基準によれば次の通りです。

1級 ; 身のまわりのことはかろうじて出来るが、それ以上の活動が出来ない状態、または、行ってはならない状態にあること。病院内ならベッド周辺、家庭内なら就床室内に活動範囲が限定されるような状態とされます。

2級 ; 家庭内の極めて温和な活動はできるが、それ以上のことはできないか、行ってはならない状態にあること。病院内なら病棟内、家庭なら家屋内に活動範囲が限定されるような状態とされています。

3級 ; 傷病が治っておらず、労働が制限を受けるかまたは労働に制限を加えることを必要とする程度にあることとされています。

 1級はほぼ寝たきり状態の方、2級は外出は自力では不可能な方で病名によっては入院経験が認定を左右することがあります。例外はありますが、基本的に就労による収入を得ることはできない程度の方を想定しています。

 3級は障害厚生年金のみ受給可能。2級以上とは違い、就労が可能だということで認定されないと言うことはないように記載されています。「労働が制限を受ける。制限を加える。」程度は労働能力が半減した状態を言い、つまり4時間勤務程度が可能な程度でしょう。

 就労可能かどうか?これにより認定されないケースが増えています。

 障害手当金という一時金も障害厚生年金にはあります。障害手当金です。一時金だから比較的受給は容易ではないかとお考えの方が多いのですが、年金3級と同程度でなければなりません。違いは「治った」かどうかが条件です。

↑前の質問に戻る
初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、島根県、山口県、愛媛県、徳島県、福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

Page top icon