神経系統の障害等級及び認定要領について

 障害年金の神経障害の障害等級は、1級、2級、3級と障害手当金があります。

 1級は、普段の生活がほとんど自力では出来ない状態、2級は日常生活の多くが他人の介助なしには送れない状態、3級は日常生活での支障はないが労働に著しい制限がある(制限が必要な)状態とされます。

 3級と手当金の障害状態の差は、病状によって就労に「著しい制限」があるか、「制限」があるかにより判定されます。具体的には、常に働くことに支障がある場合が3級。神経系統の痛みから、時々働くことが困難となりそのために勤務できる仕事内容が限定されてしまう状態にある場合、障害手当金に該当します。

 なお、疼痛は原則として認定の対象とはせず、「軽易な労働以外の労働に常に支障がある程度」が3級とあります。

 神経系統の障害認定基準の詳細は、こちらをご覧ください。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon