遷延性意識障害の認定基準・等級は?

 等級は1級だけです。障害認定日は、
① その状態(植物状態)となった日から3月を経過した日以降に遷延性意識障害と診断され  た日(但し、その日が初診日から1年6月以内の場合)
② ①でない場合は、原則通りの日(初診日から1年6月経過した日)
 のどちらかです。

* 診断書の経過欄には、「その状態となった」年月日を必ず記載していただくことが必要です。未記入のまま「読めばわかるはず。」では窓口で受理されないことがありますので。

遷延性意識障害の診断基準について

 日本脳神経学会が昭和51年に定めたもので、治療を受けたにもかかわらず、3ケ月以上以下の6項目を満たす状態にあると診断されます。

  •  自力で移動できない
  •  自力で食べることができない
  •  糞便失禁状態にある
  •  意味のある発語ができない
  •  簡単な命令には対応できるが、それ以上の意思疎通はできない
  •  ものを目で追うことができてもそれを認識できない

 障害認定基準、認定もこの診断基準により初診日や障害状態を判定しています。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、島根県、山口県、愛媛県、徳島県、福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

Page top icon