障害者特例とは?

 障害年金受給者でも、65歳前に厚生年金の加入期間が1年以上あれば、特別支給の老齢厚生年金が受給できます。

 障害者特例とは、障害年金受給者(停止中の方も含む)が特別支給の老齢厚生年金を受給できる場合、特別支給の老齢厚生年金に定額部分も支給され65歳後の老齢年金とほぼ同じ年金額となります。更に配偶者加給年金も加算される特例のことです。(但し、厚生年金に加入していないことが条件です。)障害等級3級以上に該当する方に対する特例給付です。

 年金は老齢、障害、遺族と3種類ありますが、同時に複数種類の年金は受給できません。(一人一年金の原則)

 障害者特例に該当すると障害年金よりも金額が多くなることがあります。障害年金受給を止め、障害特例の老齢厚生年金を受給した方が有利となる場合があります。注意すべき点は、ら年金額だけでなく、課税面も考慮することです。

65歳後の年金組合わせは?

 65歳後に支給原因が違っても、障害基礎年金と組み合わせて受給できるのは老齢厚生年金か又は遺族厚生年金です。障害等級が2級以上の障害基礎年金を受給されていらっしゃる方は、老齢基礎年金が満額ではない場合は、障害基礎年金と老齢厚生年金又は遺族厚生年金の組み合わせを選択されるのが良いでしょう。

ご注意

 65歳後の有利な年金の選択受給での注意点をご説明します。

 障害年金は永久認定された方を除けば、有期認定ですから更新(障害状態確認届の提出)があります。障害年金以外の年金を選択受給された方は、有期認定ですと更新を行わないままの状態となっていることがあります。

 障害年金への受給へ選択変更する場合、その時点の診断書を提出し障害状態が支給等級に該当するかの再認定を受けなくてはなりません。
(注)障害者特例には更新はありません。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、島根県、山口県、愛媛県、徳島県、福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

Page top icon