障害厚生年金遡及認定

 20歳代の正社員勤務中の女性の障害厚生年金遡及請求代理業務の事例です。

 心臓ペースメーカー装着の方の請求、通常はご本人請求でも可能な事例となるのでしょうが、現在フルタイム勤務で請求準備が辛いとのことから依頼されました。

 実はこの方の場合、20歳前の年金非加入の時期に別の心疾患を発症されました。併発する病気との関連性があると判断されたら、20歳前障害基礎年金のみの対象され、障害厚生年金の請求自体が不可能となってしまうと依頼者様共々たいへん心配しました。

 しかし、大都市の権威ある病院の主治医の先生にその点をお伺いしたところ、請求する病名の心疾患と20歳前発症の心疾患との医学的な関連は認められず、その旨を診断書に明記していただくことをご快諾いただきました。
 また、ご依頼者も当方からの助言を理解に努められ、適切な対応を取っていただき遠方の方の事案でしたが、非常にスムーズに進めることができました。

 障害厚生年金の5年遡及認定事案でしたが、上記のように順調に進めれたことから初回振込額の歩合報酬ではなく、定額の基本料金のみの報酬とさせていただきました。

診断書1通で5年遡及認定事例

 心疾患で障害厚生年金が遡及認定されたこの事例の方は、60歳を過ぎ特別支給の老齢厚生年金を受給中で厚生年金に加入中でした。障害年金請求も自分でと前向き思考の方でしたので、『障害年金請求サポート』で回数無制限のご相談と請求書類等の記入アドバイスをさせていただきました。

 初診日の証明が当初取れないとのことでしたが、転院された病院に確認をと助言、ご本人様の努力もあり少し手間取りましたが証明する資料を取得することができました。

 特別支給の老齢厚生年金の障害者特例請求もとアドバイスしましたが、会社を退職(=厚生年金喪失)するお考えはなかったことから障害厚生年金との同時請求は行われませんでした。

 障害認定日請求(=遡及請求)は、障害認定日から1年以上経過した場合、診断書が2通必要となります。障害認定日から3月以内の時点の診断書と請求日前3月以内の診断書です。

 しかし、この方の心臓ペースメーカ装着は、初診日から1年6月経過と言う原則の障害認定日より前に行われ、「認定日の特例」に該当するのです。

 心臓ペースメーカーを装着しても状態が悪く2級以上に該当する場合は、診断書が上記のように診断書2通が必要となります。でも、フルタイム勤務を続けられる状況から3級に該当するが2級認定の可能性がほぼ無いため、3級での認定だけ受けるため請求日前3月以内の診断書だけ提出しました。 障害認定日から1年以上経過した遡及請求でも診断書が1通で良い場合もあるのです。

 診断書取得料金も医療機関によって大きく違います。本事例のご依頼者様は東京周辺ということもあり高額なものでした。その点からも出費を抑えた障害年金請求という当事務所の請求サポート業務の趣旨に沿った事例でした。

 障害厚生年金の5年遡及認定でしたが、障害年金119の請求サポートの基本料金のみ(電話・メール、郵送)で誠実に業務を行いました。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon