HOME > 障害年金とは?対象傷病、金額、種類など
新潟県の象徴トキ

 タイトル・メニュー

  1. 障害年金とは?

  2. 対象とされる傷病は?

  3. 名称の違い、種類について

  4. 受給できる障害年金の金額はいくらか?(障害等級で大きな違いが。)

  5. 共済年金の給付について

  6. 請求のやりかたも単純ではないのです。

障害年金とは?

 障害年金とは、ケガや病気が原因で精神や身体に障害をお持ちの方で、仕事をするとき、また、日常生活を送るうえで支障のある方に年金や一時金を支給する制度です。

  •  受給資格は、収入や財産の額、働けるかどうかで判断されるのではありません。
  •  高齢者が受給する老齢年金とは異なり、若い人でも受給できる年金です。
  •  一定の重い障害のあることだけで年金や一時金を支給する「福祉」的な制度でもありません。

 初めて医師の診療を受けた日(初診日)に年金制度に加入していること保険料の納付率が一定以上でなければ障害年金の申請すら認めてもらえません。

 でも、初診日に年金制度未加入で保険料も全く納めたことがない方でも受給できる20歳前障害年金(旧法の障害福祉年金からの裁定替えも含む)もあります。このような例外的な取り扱いも多く、老齢や遺族などの他の年金同様たいへん複雑な制度であり、申請手続きは他の年金に比べ難易度が相当高いと言えます。

 書類が受理されても不支給となることが比較的多い年金です。申請書類が受理されれば、年金証書が郵送され、年金事務所で試算してもらった年金見込額の初回の振り込みを待つだけの老齢年金や遺族年金などとは違います。
 受理されても提出書類に不備があるからと申請する方に戻されることもあり、その場合受理されたこと自体がリセットされてしまいます。申請が1月遅れたらその月分もらえる年金総額が少なくなるのです。障害年金の認定は、書類審査だけですが、それだけに厳しい基準で判断されるのです。

 認定結果に対する不服を申し立て(審査請求、再審査請求)、不支給処分の取り消しや認定等級の変更を求めることはできますが、申し立てが通る可能性は低いのです。
 最初の申請時点で問題点を明確にして周到な準備を進めることが重要です。

トップに戻る

対象外とされる病気の方が少ない。

障害年金とは、ほぼすべての傷病が受給対象となる障害者の生活や所得補償を目的とする年金です。
参考:障害年金の対象傷病名は多い!

障害認定基準で対象外と記載されている傷病名は、以下の通りです。

・鼻腔機能の障害     ; 臭覚脱失
・精神の障害        ; 人格障害(
原則)、神経症(原則
・神経系統の障害     ; 疼痛(
原則
・呼吸器疾患による障害 ; 加療による胸郭変形
・肝疾患による障害    ; 慢性肝疾患(原則)
・高血圧症による障害   ; 単なる高血圧のみ

 (
原則)と言うのは、症状によっては認定される場合もあると言うことです。

人格障害にはそのような記載がないことから、認定される可能性は低く困難な場合が多いのです。(参考リンク;精神障害申請の留意点

精神疾患の場合、診断書の病名欄の下にICD-10コードを医師が記入することになっています。このコードで認定対象かどうかを知ることができます。

あらかじめICD-10コードを確認されることをお奨めします。

なお「自立神経失調症」は、障害認定基準では除外との記載はありませんが認定対象となりません。

 現在は対象外の病名でも、その後病名が変ったり、他の傷病との相当因果関係が認められ認定対象となることもあります。受診した証拠となる日付のある記録(治療についての説明書、領収書、その他)はできるだけ多く保管して置くことをお奨めします。
 症状が悪化するまでに何十年もかかるような病気(難病など)や他の病気の原因や併発となる病気(糖尿病など)の場合、初診時のカルテの写しを取得しておくことも必要かもしれません。

 

トップに戻る

障害年金の種類

 障害年金は、初診日に加入していた年金制度の違いで種類が異なります。
国民年金は障害基礎年金、厚生年金は障害厚生年金、共済年金には障害共済年金があります。

① 年金の制度と加入者の比較

・ 国民年金; 厚生年金や共済年金に加入していない20歳以上60歳未満の方。
自営業者、パート、アルバイト、学生、配偶者の扶養になっている方(主婦、主夫)など。

・ 厚生年金; 民間企業に勤める方、ご本人のみ(扶養となっている配偶者は除く=国民年金)。

・ 共済年金; 公務員や私立学校職員が加入する共済組合員の方、ご本人のみ(扶養となっている配偶者は除く=国民年金)。

注1; 厚生年金加入中のご主人の扶養となり、ご自身では年金は全く納めて居られない主婦の方は、初診日加入年金制度は国民年金です。夫と一緒に厚生年金加入中だと誤解されて居られる方も少なくないのです。

注2; 20歳の誕生日前に初診日のある方は、初診日に年金日加入の方が大半です。制度非加入の方は、20歳前傷病による障害基礎年金の受給対象となります。

注3; 厚生年金や共済年金加入中に初診日がある場合、20歳未満、60歳以上の期間も障害年金受給対象となります。

② 障害等級による支給年金の違い

・ 国民年金; 障害等級1級と2級該当者だけに支給

・ 厚生年金; 障害等級1級と2級、3級そして障害手当金該当者に支給

・ 共済年金; 障害等級1級と2級、3級そして障害一時金該当者に支給

③ 受給可能な障害年金の早見表

障害
等級 
初診日に加入していた年金制度 
 国民年金
(20歳前非加入期間含む)
厚生年金   共済年金  
 1級  1級
障害基礎
 1級
障害基礎
 1級
障害厚生
 1級
障害基礎
 1級
障害共済
 2級  2級
障害基礎
 2級
障害基礎
 2級
障害厚生
 2級
障害基礎
 2級
障害共済
 3級  ------  ------  3級
障害厚生
 -------  3級
障害共済
 その他  -------  ------  障害
手当金
------   障害
一時金

 なお65歳以後も会社勤めをし厚生年金に加入中の方で、更に、老齢基礎年金をもらえる資格のある方は、65歳以後に1級又は2級の障害状態で加入要件保険料納付要件を満たしている場合は、障害厚生年金を請求すれば受給できる場合があります。

 但し、障害基礎年金は支給されず、障害厚生年金だけしかもらえないのです。

トップに戻る

障害年金の金額

* 障害年金は非課税です。収入が障害年金だけなら確定申告は不要です。

* 年金額は本来の支給水準に戻すため、平成25年10月に1%減額されました。(振り込みは12月分から)今後、平成26年4月に0.7%、平成27年4月に0.5%減額改定されることになっています

(1)障害基礎年金

障害基礎年金は2級と1級があり、子が居れば加算額が付きます。

障害基礎年金の加算額を表示する画像です。

 ① 障害基礎年金額

 障害等級 年金額(平成26年 4月~) 
障害基礎年金2級  772,800円 
障害基礎年金1級  966,000円  (障害基礎年金2級の1.25倍) 

 ②子に対する加算額

 対象者 加算額(平成26年 4月~) 
2人目までの子  1人につき 222,400円 
3人目以降の子  1人につき  74,100円 

注) 子は、18歳になった年度末(3月31日)を過ぎていないこと(=高校卒業前)。また、障害の状態が障害基礎年金の1級又は2級に該当する子は高校卒業までではなく、20歳になるまで加算対象です。

 なお、障害年金受給後に結婚した場合、その配偶者や生まれた子も加算対象となるように平成23年4月1日から、障害年金加算改善法が施行されました。

(2) 障害厚生年金

 障害厚生年金には3級が設定されています。3級は障害基礎年金にはありません。2級、1級の方には同じ等級の障害基礎年金も併せて支給されます。(厚生年金加入者は、同時に国民年金の加入者でもあるからです。)更に、配偶者に対する加算額の「配偶者加給年金」が付くことがあります。
 なお、障害厚生年金3級の年金額には所定の計算結果が最低補償額を下回る場合、最低補償額が支給年金額となります。

障害厚生年金の加算額を表示する画像です。

 ① 年金額

 障害等級 年金額 (平成26年 4月~) 
障害厚生年金 1級  報酬比例部分の年金額の1.25倍 
障害厚生年金 2級  報酬比例部分の年金額 
障害厚生年金 3級   報酬比例部分の年金額
( 最低保障額 579、700円)
 障害手当金 報酬比例部分の年金額の2倍
(最低保証額1,153,800円) 

報酬比例の年金額は、以下の計算式から求められます。

   A = 平均標準報酬月額 X 7.5/1000                                                           X C (平成15年3月以前の厚生年金保険の加入月数)
   B = 平均標準報酬額   X 5.769/1000                                                         X D (平成15年4月以後の厚生年金保険の加入月数)


   障害厚生年金の額 = (A + B) X 1.031 X 0.961 

   但し、(C)と(D)の合計月数、全厚生年金加入期間が300月に達しない場合、上記の計算式の数値に 300/(c)+(d)を乗じて算出された額となります。
 例 : (C)+(D)=128月の厚生年金加入期間がある方なら、計算すると以下のようになります。
   128月加入の障害厚生年金額 =(A + B)X1.031X0.968×300÷128月

* 50歳以上で無職の方で厚生年金の加入期間が300月以上の場合、送付された『 ねんきん定期便』の「報酬比例」の額と障害厚生年金2級の額はほぼ同額です。
 また、標準報酬については、平成23年2月28日から開始された日本年金機構のインターネットサービス『
ねんきんネット』の利用登録をすれば、自宅でも確認できるようになりました。

② 配偶者加給年金額

 222,400円

 1級又は2級の障害厚生年金を受給している方に生計を維持されている65歳未満の配偶者があるとき、障害厚生年金に配偶者加給年金が加算されます。(その配偶者が65歳となった場合、配偶者加給年金は支給されなくなり、配偶者に対して振替加算が加算されるようになります。)

(3) 65歳以上で障害基礎年金が支給されず障害厚生年金だけもらっている方(1,2級に該当しない)は、障害厚生年金3級の最低保障が適用されます。

 報酬比例部分の年金額を1.25倍し、その額が579,700円に達しない場合は、579,700円が最低保障額として支給されます。

トップに戻る

申請のやり方もさまざま、何百万円の差額も。

 障害年金は、保険料の納付が規定通り行われていれば、初診日から1年6カ月を経過した日やその障害が治癒した日(障害認定日と言います。)以後に請求できます(障害認定日請求、本来請求、遡及請求とも呼ばれます。)。(20歳前障害を除く)

 複数の障害をお持ちの方の場合、個々の障害の状態は障害等級に該当しなくてもそれらの障害を併せて等級認定されることもあります。(併合認定

 また、障害認定日に障害等級に該当しなかったがその後傷病が悪化したり(事後重症請求)、その傷病とは違う傷病を更に発症した結果、初めて障害等級に該当するような方(初めて2級)も居られます。

 最初にご紹介した障害認定日請求は、いつまでも遡って認定されることがあります。しかし、初診日の証明や障害の状態を証明するカルテが保管されていなかったため診断書が作成してもらえないなど、それらの資料を日本年金機構に提出できず、現在の症状でしか請求(事後重症)できないことが起きます。そのような場合、最高で5年分、金額では何百万円もの障害年金が資料がないことでもらえなくなる方もたいへん多いのです。

 申請書類の提出は早いほど良い。そうです早い方が良いに決まっています。
 でもそれが通用しない場合もあるのです。

 病状、経過や年金加入歴などがひとそれぞれだから障害年金の申請もワンパターンではないのです。人によって申請時期によって有利、不利があります。障害年金申請は、オーダーメイドでなければなりません。でも、オーダーメイドは当たり前と考えるのが当然と最初から解っているのは 障害年金専門の社会保険労務士です。障害年金119へご相談されることを強くお奨めします。

トップに戻る