傷病手当金との支給調整とは?

 傷病手当金は、同じ傷病が原因で障害年金が同時に(重複)支給される場合、両方の給付の合計額が受給できるのではなく、どちらか支給額の多い額しか支払われない(=合計支給額は増えず)ため、支給額は変わりません。通常、傷病手当金が障害年金より多いため、傷病手当金の額が支給されます。

支給調整に関する誤解

・ 「傷病手当をもらっていると障害年金は減額されるから、請求はあと回しにしたら調整されないだろう。」傷病手当の受給が終わる1年6月待って障害年金を請求しようとお考えの方がいらっしゃいます。正しいでしょうか?

 答え; △です。正しくは、傷病手当金受給中に可能なら障害年金の請求を事前に準備する、又は、実際に行う。ではないかと考えます。これが〇だと考えます。年金の認定審査と支払い開始まで半年以上かかることがあり給付ゼロ期間を防止する目的です。正当な行為ですのでご安心ください。

     

また、障害認定日の特例に該当すると初診日から1年6月を待たずに請求できるケースもあります。多少重複期間があっても確実な受給を優先した方が良いと思われませんか。

・「私は初診日が古く、傷病手当を受給していたことがある。返金が面倒だから障害年金の請求をすべきかどうか迷っている。」等々。

 以下、支給調整について説明します。ご一読下さい。

支給調整額の仕組みは?

① 障害等級3級の障害厚生年金の額を360で除した額(1円未満切り捨て)

② 障害等級1級または2級、障害厚生年金と障害基礎年金の合計額を360で除した額(1円未満切り捨て)

 ①または②の額が、傷病手当金の一日の額より多い場合、障害年金の支給額を上回る額だけ、傷病手当金と障害年金の差額分が傷病手当金として支給されます。つまり、障害年金プラス減額された傷病手当金の合計は傷病手当金単独とほぼ同じ額となり、トータルではマイナスとならないのでご安心ください。

 なお、①または②の額が傷病手当金日額以上の場合、傷病手当金は支給はありません。

* 既に障害基礎年金だけもらっていた人が厚生年金の適用事業所に入社。その後、障害基礎年金の傷病が増悪し、傷病手当金も支給されたようなケース。この場合、障害基礎年金は支給調整されません。

③ 障害手当金の場合、障害認定日の翌日以後の傷病手当金の累計支給額が障害手当金の支給額を超えない限り支給されます。超えると支給停止となります。

返金義務が生じるのは?

 傷病手当金の返還を求められるのは、障害年金の訴求請求が認められ遡及支払いされ、その訴求支払期間内に傷病手当金も重複支給された期間があった場合だけです。全額ではなく、ダブっていなかった期間の返金を求められることはありません。  

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon