パーキンソン病で障害厚生年金2級認定

 パーキンソン病を患う独身男性(50代)。

 腰が曲がったままですがなんとか一人暮らししていらっしゃる方でした。お会いしたら言語障害もあるようでしたが障害等級に該当するようには感じませんでした。

 他家に嫁がれたお姉さまが障害年金の請求書類を取得され、申立書の下書きも作成されましたが診断書の依頼はまだでした。

 症状は2級に該当する可能性があると思いましたが、申立書の内容や表現では日常生活での支障が主治医には適切に伝え切れない感じました。

 例えば、ご自宅で転倒し骨折され救急車で入院されたことが淡々と書かれていました。ご本人から転倒されたときの状況や原因などをお聞きすると平衡を保つ能力がかなり低下していらっしゃることが分かりました。それが原因で転倒することが増えたとのことでした。

 ご本人からの聞き取り内容から、平衡機能の低下その他の状態を適切に評価していただけるような内容の書類を作成し、主治医に診断書の用紙と一緒に提出、診断書を作成していただきました。

 結果、障害厚生年金の2級が認められ、その後、一人暮らしが不安なため施設に入所されました。年金受給で費用の目途が立ったことから入所を決められたのです。障害年金は必要とする方に受給していただくこと。これが弊事務所の基本的な考えです。ご家族やご親戚も安心されたことは言うまでもありません。

 初診日の特定でカルテが保管されていなかったため、準備に時間がかかった案件でしたが将来のご本人さまの生活の原資としていただけるようにと定額の基本料金を申し受けました。

 その後、障害年金119をお姉さまに紹介されたご親戚からどうしてもと言われ、「お礼」の金一封を頂戴することになりました。お役に立てたことを評価していただいたことが嬉しく、また、障害年金の請求代理専業で仕事を始めて間もない頃で私もお金の大切さやありがたさを感じました。その当時の気持ちは今も変わることはありません。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon