加入記録を突き止め認定された事例

 発病から数十年経過、転院も4回ある方の事例です。

 両手、両足首の先に痛みがあり動作も困難で、室内で立ち上がる時や移動の際も伝い歩きが必要で日常生活に支障のある方でした。

 診断書等必要書類は既にご家族が取得されていらっしゃいました。診断書は既に入手済みでしたが、初診日証明が取得できないまま手続きは進めないまま時間が経過する一方で、ご家族から連絡をいただきご依頼を受けました。請求準備を進め調査を重ねると次のような問題が出てきました。
① 初診日が当初の本人申立ての日付と違っていたこと。(初診証明取得不能は同じまま)
② 変更後(本来)の初診日では、保険料納付要件(3分の2、1年)を満たさないこと。
 そして、診断書や受診状況等証明書の再作成で追加費用が発生すること。(些細なことではありません。私は気になります。)

・ 初診日は当初伺っていた初診日も、調査開始後に判明した初診日も、それを証明する領収書等は見つけられませんでした。病院を何度も訪問した結果、受診していた可能性を示唆する資料が残っていることを知り開示請求しました。

・ 次の問題は②でした。納付された期間では3分の2要件に12月不足していたからです。
 残る可能性はカラ期間があるかどうか?専業主婦だったが未加入とされた期間です。ご主人に年金加入状況をお聞きすると、学校でてから見習いの後独立し会社勤めは全くないとのことでした。何度も確認しましが同じ返事が返ってくるだけでした。翌週に電話した時、アルバイトならしたことがあるとのことで、その期間、勤務先名、所在地を記憶の範囲で聞きました。
アルバイト期間が「宙に浮いた」厚生年金保険料納付記録と結びつかないか?

 直ぐに、年金事務所で厚生年金の加入期間確認の届を提出しました。その結果、ご主人様の厚生年金加入期間が20月以上見つかり、「カラ期間」と認められました。カラ期間は保険料納付義務期間に算入しなくても良い期間です。納付率計算の分母が減るので、納付率は3分の2要件を満たしていることになります。

 (最近は、「宙に浮いた年金記録」の該当者は少なくなって来ましたが、若いご依頼者さまでも、学生期間や海外在住期間等々を確認する必要があるケースもあります。)

 障害基礎年金2級で認定されました。とても協力的なご家族でしたし、私自身も感じるところがあり、通常よりも時間と作業量もかかる事案でしたが、幣等事務所の基本料金を申し受けました

                                           

関節リウマチと関連のある持病を併発された方の事例

 請求される病名が多ければそれだけ認定される可能性が高くなるだろうというお考えは併合認定などに該当する場合には正しいと言えます。

 だから、現在までに診断された病名を全て請求書他に書かれる方も多く、年金事務所などの窓口やネット等の情報で、病名が多ければ有利と信じる方の相談があります。

 病名が複数あると病歴・就労状況等申立書に病名ごとに別々に経過等を書かなければなりません。手間が増えるだけで複数提出しても有利とは限らないのです。でもその程度で済めば良いですが、それでは済まない場合があります。

 特に関連する病名を全て書いたことが原因で不支給とされたり、低い等級で認定されるからです。

 それは、差し引き認定が行われることがあるからです。詳細はリンク先をご欄ください。て差し引き認定は、関節リウマチがメインで併発する病気や怪我の後遺症がある場合、全体の症状の内、関節リウマチが原因となる障害が何%、併発する病気は何%と切り分け、請求する関節リウマチ以外障害の程度を差し引くのです。病名は多いほど有利とは言えないことをご理解いただきたいのです。

 さて、本題の関節リウマチの認定サポート事例のご紹介をします。

 ご依頼者は主婦で、関節リウマチで障害認定日請求(訴求請求)も可能で、2級以上該当される可能性が高い方でしたが問題がありました。それは関節リウマチと関連のある病気を20年ほど前に発症され、過去に取得された身体障害者手帳も二つの病名が記載されていました。別傷病と共通する症状があります。主治医から以前、「別傷病は良くなっている。」と言われた記憶はあるが、はっきりしません。差し引き認定が懸念される事例だったのです。

 主治医は診断書を依頼する頃は出張が多い方で、海外出張も重なり診断書作成も先伸ばしされるような状態でしたが、一番詳しい先生だからとご依頼者様は待つことにされました。遠隔地のサポートですから出張も必要なレベルです。出張すれば交通費等の費用負担が発生します。そのため診断書の依頼に際しては、詳細な資料を作成し、今回の請求のポイントもご依頼者様とご主人様に説明し、十分ご理解いただいた上で主治医の診察を受ける際にご依頼者さまからも口頭で補足説明され書類をお渡しいただきました。

 身体障害者手帳とは違い、障害認定日時点・現在の病名は関節リウマチのみで、別傷病による症状はないとの見解を診断書に明記していただきました。

 結果、2級の訴求請求が認められました。弊事務所の成功報酬は、規定の初回振込み額の5%相当額をお振込みいただきました。

 超多忙な医師に対しては、患者様の普段の生活状況、請求上の問題点、その依頼が適切な趣旨であることを説明した書類の提出、ご本人さまにもその趣旨を理解していただき補足説明もしていただく、難しい判断が求められる症例でも、社会保険労務士が主治医に面談をしなくても適切な診断書を作成していただけることを再確認させていただいた事例でした。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon