総合認定とは 

 認定対象となる複数の疾患を併発している場合、個々の障害を併合(過重)認定を行わず、複数疾患全体での症状、障害状態をひとつの障害としてまとめて認定する手法を総合認定と言います。

 なお、複数の疾患には因果関係がないこと(=初診日が同じではないこと。)が条件です。障害の原因となる症状が、どの傷病によるものなのか?切り分けることができないから併合認定には適応しないからです。

 認定基準では、内科的疾患を上げています。また、「前章の認定基準の説明において特に定めている場合は、総合的に認定します。」とあり、その代表的な例が精神疾患の併発です。 

*事例
 Q. 何年も前に、糖尿病を発症。障害認定日当時、等級不該当。その後、症状増悪。腎機能低下。さらに脳梗塞も発症した場合。このような方の請求は、どうすれば良いでしょうか?

 A. いずれにしても、事後重症請求となります。糖尿病単独、インスリン治療を検査日前に90日以上継続しても血糖値がコントロール困難な状態なら、3級以上該当。糖尿病性腎症から腎臓機能低下で人工透析治療を受けていれば2級該当。
 糖尿病と糖尿病性腎症は、相当因果関係ありと判断されることから、総合認定は無理。初診日は糖尿病の初診日と同じだから初めて2級の認定も同様に受けられないことになります。
 そして、人工透析に至らないような状態糖尿病で3級であれば、脳梗塞との併合認定を想定すると、糖尿病との相当因果関係は否定され、別個の障害として初めて2級(1級認定も)の認定も可能性があると言えます。
 その時点での障害の程度にもよりますが、ご本人にとってどのような請求が良いのか?判断のしどころです。

総合認定のメリット

実際にはあり得ない等級判定ですが、仮にうつ病とてんかんでそれぞれ3級相当だった場合、併合認定しても3級のままです。でも、総合的に等級判定すれば、2級となることは十分あり得ます。これが総合認定のメリットと言えます。 

 認定基準には上記の内科的疾患や精神疾患に限らず、「総合的に認定する。」と明示された箇所が多数あります。それらの記述に該当する障害の場合、差引認定とされるケースを除けば、障害基礎年金のように受給可能性が高くなったり、より重い等級で適切な等級判定を受けられる可能性があります。  

 複数傷病で症状がどの傷病によるものかを判別できないような障害の程度判定が困難なケースは多く、認定基準の「総合的に認定する。」と明示された箇所ではとてもカバーし切れないでしょう。そうすると、総合認定を受けられる範囲は広いと考えられます。


初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、島根県、山口県、愛媛県、徳島県、福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

Page top icon