受診状況等証明書の書式

・ 受診状況等証明書(書式はこちら)は、初診日特定のために以下の場合に提出します。

  • 障害認定日請求の診断書を作成する医療機関が初診医療期間ではない場合
  • 事後重症請求の診断書を作成する医療機関が初診医療期間ではない場合
  • 診断書を作成する医師又は医療機関が同じでも診療科が違う場合

・ 受診状況等証明書は初診の医療機関に作成してもらいますが、その病院が廃業したり、5年の法定保存期間が経過してカルテが廃棄されたり等々の理由で作成不能の場合は、その理由を受診状況等証明書を添付できない申立書に記入、提出します。次にカルテが保管されている最も古い病院に受診状況等証明書を作成してもらいます。その病院が診断書を書く病院は不要です。

□ 病歴・就労状況等申立書の作成や申請のアドバイスを障害年金119行っております。

* どうしてもご自身で障害年金の手続をなさりたい方には下記の参考書をお奨めします。認定基準の改正はありましたが、旧版(古本)でも特に問題はないと思います。但し、ご利用は自己責任でお願いします。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon