手続は精神的負担が大きい

 障害年金の請求手続きは、何度も窓口や病院へ出向く必要があり、他人のいる場所で待たされることもあります。書類の種類や記入する項目も多く集中力も必要です。手続きを進める内にストレスや焦り、不安の気持ちが強くなり体調不良となられる方もいらっしゃいます。

 年金事務所、役所での最初の相談。窓口の方の言葉使いや応対などは改善されとても好ましい印象の方ばかりです。でも、初診日やその後の経過など確認すべき点が多いため、とても細かい内容や明かしたくない、触れたくない記憶も話さなければならなくなります。

 時間は予想外に掛かり、一度で済むと思ってもまた出向くことになります。そして、現在通院している病院だけでなく、掛かるのを止めた病院全てにも出向かなければならない場合も出てきます。初診日の証明や診断書を書いてもらうために病院に確認したら、「カルテは保存期間が過ぎたのでありません。」と回答されることがあります。中には病院が廃業しているケースも少なくないです。

 診断書を書いていただけることになっても、先生は私の普段の状態までどの程度まで理解されているのだろう?短い診察時間で十分なんだろうか?不安を感じられると思います。だから、うつ病や統合失調症、知的障害、発達障害などの精神疾患の方がご自身で申請手続を行われることには賛成できません。ご家族、ご親戚などの方の援助を受けられるのが良いでしょう。 

 身近にそのような方いらっしゃらない場合、私たち障害年金専門の社会保険労務士にご相談、手続代理を依頼されることをお勧めします。

検査数値で辛さが伝えられない病気

 精神疾患の場合は診断書に記載された客観的な数値に基づき審査が行われるのではありません。知的障害を除き、重症度を測定できる客観的な検査等がないことが理由です。(IQも参考とされる程度です。)これが検査数値等で障害状態の見極めをつけられる他の障害との大きな違いです。それでは精神障害の診断書について少しご説明します。

 平成28年9月から、「精神の障害に係る等級判定ガイドライン」の運用が開始されました。詳細はリンク先をご覧ください。

 診断書の裏面。「ウ 日常生活状況」の「2 日常生活能力の判定」欄の「適切な食事」、「身辺の清潔保持」、「金銭管理と買い物」、「通院と服薬(要・不要)」、「他人との意思伝達及び対人関係」、「身辺の安全保持及び危機 対応」、「社会性」の7項目について、「できる」から「助言や指導をしてもできない若しくは行わない」までの4段階評価を行い、その平均値を求めます。次に「3 日常生活能力の程度」、こちらは精神疾患と知的障害とは別で、(1)から(5)までの5段階評価と突き合わせた結果が「等級判定の目安」とされます。

 そうすると診察以外の様子、生活ぶりなどをきちんと先生に伝えていないと受給が難しくなるのかも知れません。

社労士代理のメリット

 やはり、手続きが早く確実に終えられることがあげられます。早さは年金受給額にプラスです。その理由は、年金の締めは月末で一日でも遅れると来月受付になり、年金はひと月もらえなくなってしまうからです。障害基礎年金2級はひと月約65,000円です(平成28年4月現在)。障害厚生年金2級は個人で額は違いがありますが、障害基礎年金よりも多くなります。幣事務所に依頼されますと、病歴や経過、請求の種類にもよりますが、ひと月分にも満たない料金で手続きが完了します。 

 医師に日常生活上の不便さ、日常生活能力の状況を知ってもらうことがなによりも大切なことは既にご説明いたしました。医学のプロだからと言って障害年金の診断書作成も苦にされない先生や記入もれやミスがない先生は多くは無いようです。そのようなご説明も差し上げるようにしています。患者様と担当の先生の治療当事者の信頼関係を損ねるような行為は当然いたしません。今後も続けられる治療に支障があってはなりませんから。

 障害年金を受給するために、私たちが戦うべき相手は、担当の先生ではありません。また、役所や年金事務所の窓口担当者でもありません。日本年金機構の審査結果や不服申立の社会保険審査官等と年金法や認定基準に基づき戦うことになります。知識や経験のある社会保険労務士が代理するのです。これが依頼するメリットです。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon