ガンの障害等級

 悪性新生物(ガン)による障害認定は、ガンの治療や経過・検査結果他を参考に具体的な日常生活状況等により、総合的に認定するとしています。

 ガン患者様で重症の方は障害等級に該当すると考えられます!
  働くことが出来なくなり、日常生活にも支障をきたし、家族の援助・介護が必要となられる方が大変多いからです。国民の3分の1が亡くなる国民病ですから当然です。(実は私もガン治療経験者の一人です。)

 一方で、ガンはステージや厳しい余命宣告されても、身体機能低下や衰弱等の症状が明らかとなるまでに時間を要することがあります。反面、急激に悪化することもありますので、国民の半分が発病すると言われるのに障害年金受給者は意外にも多くないのです。それは、発病者の多くが高齢者で受給が制限されること、受給期間が短くなってしまうことなどが原因です。

 各障害等級の一般的な症状や障害状態をご説明します。

1級は、自力での活動範囲が入院中なら病室内、自宅等ではベッドのある部屋だけ。全面的な援助や介助が必要な状態です。2級は、ガンや抗がん剤等の治療による全身衰弱や身体機能障害で日常生活の多くに援助が必要で、外出も自力では難しい状態。3級は、通常勤務が不可能な方とされています。
 上記の状態は一般的な例示ですから、実際の認定結果と一致しないことがあります。そのような状態に至らなくても身体機能低下が検査数値や自覚症状・他覚所見等で明らかな状態となれば受給できます。

ガンの障害・認定要領

 悪性新生物(ガン)の認定は、ガン自体で生じる特定器官の障害、全身衰弱・機能障害、抗がん剤などの治療が原因で起こる全身衰弱・機能障害が認定対象とされます。

 全身衰弱や機能障害、全身倦怠感の症状とそれによる日常生活能力低下の状態を評価する尺度である「一般状態区分表」とを基に認定するとしています。

  私が代理させていただいた肺癌(ステージⅣ、転移あり)の方は、抗がん剤治療を始めると日常生活能力が低下しますが、白血球も極端に減少することもあり 抗がん剤治療を中断することになりました。そうすると外見上は全く健康そうな生活が送れてしまうのです。請求結果は3級不該当でした。再請求では自覚症状が原因で起こる生活面での制限、不便さを具体的に主治医や年金機構に説明し、認定されました。

悪性新生物(ガン)の障害等級及び認定要領の詳細は、こちらをご覧ください。

解説・その他

■ ガンと障害年金の認定

・ ガンは初診日から1年6月経過した日以後に請求が可能となります。支給が認められた日から1年経過すると、悪化した状態で上位等級への変更請求(額改定請求)が認められます。(1年を待たずに額改定請求できるような改正が平成26年4月に行われましたが、残念ですがガンは対象とされませんでした。)

・ しかし、障害認定日の特例があり、例えば、大腸ガン手術で人工肛門を設置された場合は、初診日から1年6月経過しなくても3級以上該当と認定されます。初診日に厚生年金加入なら直ぐに請求可能で障害厚生年金は設置した翌月から支給されます。

・ ガンも併発された傷病やガン及び治療の結果生じた障害がある場合、複数障害の請求と同様「併合認定」され、支給等級での認定やより上位等級での認定の可能性が高くなります。その障害の状態を的確に示すことができる診断書を複数提出することになります。ガン・治療の副作用による障害、術後後遺症、人工肛門、新膀胱増設、尿路変更術はその他障害の診断書です。例えば、うつ病を併発された場合は精神障害診断書、身体動作能力低下の障害も現れた場合は肢体障害の診断書を追加します。

・ ガンでの障害年金請求は請求する時期の見極めが重要ですが、請求を決めたら早く書類を窓口に提出しなければなりません。今月末迄に提出しないと、今月分が貰えなくなってしまうからです。

■ ガンの初診日認定

・ ガンが原因で複数の障害がある場合、初診日は全てガンと同じ初診日となります。

・ 初診日は、本来なら関連する症状を訴え、初めて病院を受診した日(リンク参照)と認定するのが通常です。しかし、ガンの初診日は、ガンと確定診断された日でなければ初診日として認定しないこともあります。

(参考事例)最初に病院に行ったのが厚生年金加入中、でもガンとは診断されませんでした。自己都合で会社を辞め、別の病院で「ガン」と診断された。初診日は国民年金加入となり、障害年金を請求したが障害等級2級不該当、不支給の決定を受け取った。2級として認定されるような状態になるまで請求をしないで仕事にも就けず1年余が過ぎた。状態は悪化するが生活面では自力ででき、外出も車で用が足せる。しかし、想像以上に末期の進行が早く2年を待たずに亡くなり、障害年金の再請求も出来ないままとなった。

 訴えた症状とガンの医学的な因果関係があるにもかかわらずガンとは診断されず、結果として誤診されたままの病名とガンとの因果関係があるかないかなどと言う理屈で、本来あるべき初診日を否定する認定が行われたのです。

 当該ガンの外科手術後から誤診病名特有の症状とされた症状は完全に消失したのですから、ガンの症状だったことは素人でも解るはずです。一般社会の常識からも到底許されるものではありません。不服申立でも認めようとはしませんでした。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon