そしゃく・嚥下機能の障害等級

 障害年金のそしゃく・嚥下機能の障害等級は、1級の設定はなく、2級、3級そして障害手当金となります。

 食べ物を摂ることができなかったり、誤嚥する可能性が強い場合に認定対象となりますが、そしゃく機能の障害と誤嚥による障害が重複している場合でも重複障害がある場合に適用される、「併合認定」の取り扱いはしません。(目の障害の視力障害と視野障害では併合されます。)しかし、他の傷病による障害と合わせて請求する場合、併合認定される可能性は高いと思われます。

 具体的には、原因は問わず(自傷行為を除き)接種可能な、食べることが出来る食物等により等級が判定されます。

そしゃく・嚥下機能の障害認定基準の詳細は、こちらをご覧ください。

初回無料相談はこちら

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、徳島県、福岡県、沖縄県

Page top icon