失業保険との支給調整の規定はありません。が、・・・。

障害年金を受給される方が、失業保険(雇用保険の基本手当)を受給しても障害年金の減額や支給停止はされません。また、失業保険が減額されることもありません。

年金で、失業保険を受給すると全額支給停止とされるのは、60歳から65歳までの間に支給される特別支給の老齢厚生年金だけです。

失業保険と同時受給は可能です!

退職され次の勤務先が決まっている方や開業する方、療養中の方などを除けば、失業保険を受給しながら次の勤務先を捜すのが退職後の一般的なパターンだと思います。

障害年金と失業保険との併給調整の規定がないことから同時受給は可能です

雇用保険法4条では、次のように記載されています。

失業とは、被保険者が離職し、労働の意思及び能力を有するにもかかわらず、職業に就くことができない状態にあることをいう。(厚生労働省HPより)

失業手当は、「労働の意思及び能力」のある方の求職活動を支援することがその目的です。

障害状態にある方で、就労可能との診断書を主治医から作成・提出し失業保険を受給され、失業保険を受給後に障害年金の申請手続きをはじめられた方から、ご相談や手続代理を依頼されることがあります。

失業保険を受給し求職活動も可能な状態であれば、失業保険受給も当然のことです。障害状態にある方でも受給する権利は認められて当然のことだと考えます。しかし、失業保険と障害年金を同時に受けられると断言できません。それは障害の重症度を客観的に評価できるような検査数値等のある傷病、障害認定基準に人工臓器等設置手術、治療を受けることで「等級は○等級と認定する。」と明記されているような傷病、障害の方に限られます。失業保険受給の事実が障害年金の受給では重大なマイナス要因となるケースもあるのです。

精神疾患、ガン、難病等での障害年金新規申請や更新時の失業保険受給は注意が必要!両方受給は慎重に!

客観的な数値で障害状態が十分評価できない精神障害やガン、難病、内臓疾患等の申請や更新の場合、失業保険受給期間は働けるような状態だった期間と見なされ、障害の程度は重くないと判断される可能性が高いと言わざるをえません。!!

障害年金の審査をおこなう日本年金機構は失業保険の受給データは把握しています。

(令和元年から、マイナンバカード制で障害年金申請者や受給者の所得状況も把握しています。)

上記のような傷病や障害での障害年金申請を考えていらっしゃる方は、失業保険受給による障害年金の認定審査への影響はあると考えた方が現実的ではないかと思います。

失業保険の受給期間の延長手続きが妥当な判断なのではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
初回無料相談 セルフ受給診断

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、島根県、山口県、愛媛県、徳島県、福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

Page top icon