回答アイコン 障害厚生年金受給はできます。

* 1級なら 
1級障害基礎年金 + 1級障害厚生年金
* 2級なら 
2級障害基礎年金 + 2級障害厚生年金
* 3級なら       
3級障害厚生年金を受給できます。

(注) 障害厚生年金は3級から、障害基礎年金は2級以上ではじめて受給可能です。

初診日に厚生年金に加入していた方が障害厚生年金を受給できます。初診日に国民年金だけに加入していた人は障害基礎年金だけです。

厚生年金加入期間は国民年金の加入期間でもありますから、障害等級2級以上の方は障害厚生年金と障害基礎年金が支給されます。(65歳以上は一部例外あり)

障害基礎年金の支給額は同じ等級なら全員同じ金額です。障害厚生年金は3級の最低補償額が支給される場合を除き、働いていた当時の給与により年金の額が違います。

1級の年金額は2級の額に1.25倍した額。

2級以上は子や配偶者加給年金などの加算が付きます。

・ 請求が遅れた場合には最長で5年分がまとめて支給されるケースもあります。(遡及)

・ お問い合わせ・ご相談は、障害年金119 今成社会保険労務士事務所へお気軽にお寄せください。

初回無料相談 セルフ受給診断

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、島根県、山口県、愛媛県、徳島県、福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

Page top icon