うつ病の病歴・就労状況等申立書の記入例

・ 病歴就労状況等申立書(障害厚生年金)の「うつ病」の記入例です。

うつ病の病歴就労状況等申立書記入例の表面

初診日は、年月そして日も記載します。発病日は日まで特定できないことが多いので、日などは「頃」でも許されるでしょう。

この記入例では受診空白期間はありませんが、あれば正確に記入しましょう。

日付が連続していない場合、その期間の様子が不明として扱われないように途切れないように記入しましょう。(病院を代わるのに日数がかかった場合、ひと月くらいなら治療空白期間として区分けしなくても良いでしょう。)

精神疾患の場合、精神障害に係る等級判定ガイドラインが実施されましたので今まで以上に記載すべき具体的な事実を漏らさず、簡潔に記入しなければならなくなりました

・ 病歴就労状況等申立書(障害厚生年金)の記入例裏面です。

うつ病の病歴就労状況等申立書記入例の裏面

障害認定日請求をしない場合、上半分の障害認定日時点の欄は記入しなくても良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

障害年金119は、手続き代行は経済的な事情から社会保険労務士には依頼できない方でも低料金で申立書の添削や作成、あなたの障害年金認定上の問題点と解決策も回数制限なしのアドバイス業務も行って居りますのでリンク先をご覧ください。

     

うつ病の病歴・就労状況等申立書の記入例表面・テキスト

傷病名;うつ病、発病日平成24年2月頃、初診日;平成24年3月4日
1.平成24年2月頃から平成24年3月3日まで、受診していない。2月頃から寝つきが悪く、睡眠不足を感じていた。その後、勤務中に急に吐き気とからだのだるさを感じ、ひどくなる一方だったため会社近くの内科を受診した。
2.平成24年3月4日から平成24年4月10日まで、受診した。今成内科医院・内科。ひどい風邪でもひき、こじらせたと思っていたが、先生は風邪ではなく疲労からくるものではないかとのことだった。眠れるようにと安定剤を処方され様子を見ることになった。お陰で通院前よりは眠れるようになり、状態は少しよくなったように感じた。しかし、それも長くは続かず再び眠れなくなり、身体が重く感じ朝起きるのに時間が掛かり、起きても身体がだるいままで仕事にも集中できなくなった。
会社では事務の仕事が忙しく、受診したくてもできなかった。

初回無料相談 セルフ受給診断

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、島根県、山口県、愛媛県、徳島県、福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

Page top icon