障害厚生年金の可能性は?

回答アイコン 残念ですが、障害厚生年金の受給可能性は低いと思われます。

初診日だと考えていた日が、実はその日よりも前とされることがあります。同じ病気でも、治療を受けなくても通常の生活を送りその後再発した場合、再発後の初診日がそのまま初診日とされる場合もあります。(社会的治癒

・初診日当時の保険料納付率が既定に満たず障害厚生年金の受給資格が認められない方でも、65歳前に特別支給の老齢厚生年金を受給できる場合、障害等級が3級以上に該当すれば特別支給の老齢厚生年金障害者特例の年金を受けられます。障害年金よりも高額な年金額となる方もいらっしゃいます。

障害基礎年金の受給チェックをして見ましょう

質問アイコン 初診日に国民年金の被保険者(注)でしたか?

(注)のご説明

(注)国民年金は、20歳以上60歳未満の期間は全員加入します。

会社員、公務員で厚生年金や共済年金に加入していた20歳以上60歳未満の期間は、国民年金にも同時に加入します。

初回無料相談 セルフ受給診断

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、島根県、山口県、愛媛県、徳島県、福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

Page top icon