初めて1,2級(基準傷病)の請求はできるか。

質問アイコン 65歳前に、以前からある障害と後の障害と合わせると1級または2級に該当しましたか?

用語の説明

* 初めて1,2級とは?

障害はあっても年金を受給できない程度の状態だった方が別のケガや病気に見舞われ、前後の障害状態を合わせると障害の状態が「初めて」2級以上に該当した場合、障害年金を受給を認める認定認定手法です。

必要な条件は、前後の病気が同じではないこと。前後は初診日の順で決まります。

後の傷病(=基準傷病という)の初診日だけで、保険料納付率と加入年金制度(支給する年金の種類)を判断します。

後の傷病の初診日が厚生年金加入期間中なら、障害厚生年金の受給資格があります。2級以上と認定されれば障害基礎年金や配偶者や子の加算も同時に支給されるのです。

逆に、最初の傷病の初診日は厚生年金加入中だったのに病気のため退職、国民年金加入となったら、障害基礎年金だけしか支給されません。保険料納付率が基準に満たない場合、障害年金はまったく受給できなくなります。

↑前の質問に戻る
初回無料相談 セルフ受給診断

手続代理は全国対応可能です。

対応実績;北海道,青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、長野県、富山県、石川県、福井県、静岡県、愛知県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、島根県、山口県、愛媛県、徳島県、福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

Page top icon